1/5

​旗下山慈眼寺(きかさんじげんじ)は、780年前に小さな祠から始まったと伝えられています。​曹洞宗のお寺で、本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

この場所は太古の昔、日本武​尊が東国遠征の折に立ち寄り、御旗を建てさせたことにより旗の下(ハタノシタ)と呼ばれました。それが当山の俗称であるハケノシタに変わってきました。

目の仏様、薬師瑠璃光如来(​やくしるりこうにょらい)を祀り、日本全国から目に悩みを持つ方や、めを伸ばしたい方がお参りに訪れます。

​毎年1月8日は「初薬師」、7月8日は「あめ薬師」と呼ばれる御祈願例大祭があり、特にあめ薬師では山門前に露店が立ち並び、夕方からは2万人を超す人で賑わいます。

 
慈  眼  寺  縁  略  起

 太古の昔、日本武尊が東国遠征の折、当地に立ち寄りました。このとき当所に御旗を建てさせたことにより当山は旗の下(ハタノシタ)といい、それが少しずつハケノシタと呼ばれるようになりました。

 

 当寺草創以前よりこの地は佛様の意にかなう霊地でありました。月白く風清き夕は必ず紫雲下がり、雅の音声満ち、天より曼荼羅花をふらし、瑠璃摩尼等の瓔珞が輝き、笛や琵琶、太鼓、法螺の声澄み渡っていました。諸々の菩薩がそれを歌詠讃歎したので、人々は檀の下ともいいました。

 あるとき音楽響き渡り、妙なる音が清らかに聞こえてきました。夜が開けてみると、観音様がその尊容巍然と岩の上に在していました。里人は皆たいそう感激し、永くこの地に止まって衆生済度たまわらんと強く願いました。信心の郷民は土木を運び、富ある居士は財宝を投げうって力を合わせたので、観音堂はたちまちに完成しました。

 開廟の日にあたって、一人の僧がおいでになりました。ご本尊様を深く礼拝して申しました。

 「この尊は正しく行基の彫刻なり。この地有縁の像なれば侘邦より来たりたまえり。謹んで供養したまえ。」
 といい終わって、たちまちその姿を消してしまいました。そのお方は、行基菩薩その人でした。

 時を経て、文歴元年(1234年)、秩父札所が創設されました。

 文明18年(1486年)に、秩父市宮地の曹洞宗広見寺2世、東雄朔法大和尚を御開山として迎え、曹洞宗慈眼寺が開かれました。

絵馬

初薬師、あめ薬師という二つの大祭と、毎月八日の月例祭があります。
​そのほかにも、ご希望によって御祈祷を受け付けています。

​境内の絵馬掛けには、眼病治癒や眼病予防を願う絵馬が、たくさん掛けられています。

札場
施設案内

秩父鉄道の御花畑駅に近い、秩父札所十三番慈眼寺は街中にある、とても親しみやすいお寺です。

入り口には薬医門と呼ばれる切妻造りの黒門があり、それをくぐると左手に鐘楼、右手に経蔵が建っています。そして正面に観音堂です。

あめ薬師御祈祷
年間行事

1月1日の元朝祈願から、12月31日の除夜の鐘まで​様々な行事が行われています。

慈眼寺の永代供養樹木葬
「お花畑の霊園 /1〜4名様用」の
ご相談はこちら
​〒368-0042 埼玉県 秩父市 東町 26-7
電話 0494-23-6813 (年中無休 8:00〜17:00)

日本百観音霊場 秩父札所十三番

「め」のお寺 慈眼寺

〒368-0042 埼玉県秩父市東町26-7

​電話 0494-23-6813 Fax 0494-25-1982

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram インスタ
  • 顧問社会のアイコンをトリップ
  • YouTube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now